弱視者問題研究会 ロゴ画像

弱視者問題研究会
Association of People with Low Vision

平成16年3月23日 文部科学大臣 河村建夫 殿 弱視者問題研究会  代表 並木 正

大学入拭センター試験障害者特別措置の改善に関する要望書

拝啓、時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、私ども弱視者問題研究会は視覚障害者の7割を占める弱視者の取り巻く諸問題について、社会ヘの理解と改善を求め活動している当事者団体です。

最近では国公立、私立大学共に、大学入試センター試験を利用している大学が多くなっています。また各大学入試の障害者特別措置についても、大学入試センター試験障害者特別措置に準じる大学が大半です。

大学進学を希望する弱視者が、大学入試センターを晴眼者と対等な状態で受験できますよう大学入試センター障害者特別措置の弱視者対応について格別のご指導を賜りますよう要望いたします。

1 問題用紙、解答用紙弱視者対応版(拡大文字版)を作成すること。

2 入試時間の延長を現在の1.3倍から1.5倍にすること。

3 問題用紙に解答を書き込む方式にすること。

以上